滅菌治療への取組

口腔内を治療する全ての医療機器を適切な滅菌器で処理対応しています。

口腔内を治療する全ての医療器具を適切な滅菌器で処理対応しています。

歯科医師・歯科衛生士のゴム手袋は治療毎にディスポーザブルです。

一般的にこんなにもウイルスや細菌が存在しています。

ノロウイルス、エイズウイルス、病原性大腸菌O157、サーズ、破傷風、
肝炎ウイルス、芽胞菌、緑膿菌、結核菌、真菌、etc…

歯科治療では唾液・血液がいろいろな機械・器具を介して、他の患者さんのお口の中入る可能性があります。この中には、エイズやB型肝炎・C 型肝炎など危険な病気も含まれております。

例えばB 型肝炎ウイルス(HBV)は感染力の強いウイルスです。アルコール消毒してもウィルスは死滅せず、121℃以上の熱で数分滅菌を行わないと肝炎のウィルスは死滅しないと言われています。機器内部まで滅菌処理を行っていないと歯科治療がB 型肝炎の感染経路となってしまうこともあります。

通常オートクレーブと呼ばれる滅菌器で、高温・高圧で滅菌を行いますが、熱に弱い医療機器は洗浄・薬液消毒までしか出来ません。

しかしホルホープデンタルは、ウイルス(エイズ・肝炎)や細菌に対し非常に強い殺菌力を持っており、熱に弱い医療機器もきちんと滅菌することができます。一般的に歯科医院でガス滅菌器を導入しているところはまだまだ少ないのが現状です。しかし当院では患者様に安全・安心の歯科医療を提供したい!という思いで 高温滅菌とより確実なガス滅菌で完全無菌化で治療にあたります。

だから当院では未然に院内感染を防ぐため、
お口に入る器具は全て無菌状態にし、患者様の治療にあたっています。

PROFILE